SALA:生活にファインクオリティ SALA
SALA:What's SALA? SALA:5つのfor Life SALA:Group Info. SALA:SALA Diary

HOME > Group Info. > 環境活動・地域貢献 > 環境活動 > サーラエコプログラム

SALA:環境活動・地域貢献
SALA:環境活動
SALA:サーラエコプログラム
SALA:サーラエコオフィスプログラム
SALA:サーラ廃重要書類リサイクルプログラム
SALA:サーラグリーン調達プログラム
SALA:サーラエコドライブプログラム
SALA:サーラエコ商材プログラム
SALA:サーラグリーン配送プログラム
SALA:サーラ緑化推進プログラム
SALA:サーラ環境パートナーシッププログラム
SALA:サーラのエコ商材・サービス
SALA:地域貢献
SALA:環境活動・地域貢献
SALA:環境活動
SALA:サーラ緑化推進プログラム

グループ企業の事業所緑化を推進するとともに、植樹、森林保全活動等を通じて地域の緑化に貢献しています。

【活動結果】

■サーラの森

グループ企業の「ガステックサービス」は、愛知県北設楽郡にある約5haの山林で、社員参加型の緑化活動『サーラの森』づくりに取り組んでいます。これは、社員自身が森林経営を行ない、その実践を通じて森林環境の重要性についての認識を高めることを目的としたものです。
四季折々の美しい自然と触れ合うことができる、自然林に近い森林の復活をめざし、これまでにブナやミズナラ、栗などを中心に23種類、約1,500本を植樹しました。現在は定期的に、植樹した木のメンテナンスや遊歩道などをつくる整備を行なっています。

サーラの森に関する情報はこちらから : ガステックサービス

サーラの森での活動風景

■朝倉川植樹メンテナンス大会

NPO法人朝倉川育水フォーラムが主催する「朝倉川植樹メンテナンス大会」は、1998年より5年間かけて豊橋市を流れる朝倉川沿いに植樹した4万4千本の樹木をボランティアスタッフがメンテナンスする緑化活動です。第6回目の活動が2008年11月29日に開催され、サーラグループからは27名が参加しました。

メンテナンスを行う社員

■NPO法人 穂の国森づくりの会

サーラグループ名誉顧問神野信郎が理事長を務める「NPO法人 穂の国森づくりの会」は、豊川水系を擁する東三河地方において市民、企業、行政のパートナーシップのもとに、東三河の森林保全、育成、再生などを通じて循環型地域社会の実現を図ることを目的としています。当NPO法人には、グループ企業13社が賛同し加盟しています。

http://www.honokuni.org/index.html

間伐体験を行う社員

SALA:page top
SALA:サーラ環境パートナーシッププログラム

自治体、行政、環境NPOなどとの協働を通して、地域の環境保全活動を積極的に支援しています。

【活動結果】
地域美化活動等への参加

■朝倉川530清掃大会

NPO法人朝倉川育水フォーラムが主催する「朝倉川530清掃大会」は、豊橋市内に水源を持ち市街地を流れる朝倉川のほぼ全長に相当する流域8kmに渡る清掃ボランティア活動です。1996年から始まった当活動の第12回目が2008年4月19日に開催され、サーラグループからは56名が参加しました。
また、2006年度には「朝倉川育水フォーラム定時総会」で、これまでの10年間「朝倉川530清掃大会」に参加してきた皆勤21団体が表彰され、サーラグループも感謝状を授与されました。

清掃を行う社員

10年皆勤の感謝状

■ウェルカメクリーン作戦

毎年5月3日〜5日の期間、浜松祭の盛大な凧揚げが行なわれる遠州灘海岸では、1990年から毎年、祭の翌週末に海岸の清掃活動『ウェルカメクリーン作戦』が開催されています。祭で出たゴミを回収し、産卵のために上陸するアオウミガメを美しい砂浜で迎えようという目的で始まったこの活動は、浜松市の呼びかけで多くの団体、市民の方々が参加し約18kmにわたる海岸を清掃しています。2007年度は、5月13日に開催され、サーラグループからは3社43名が参加しました。(2008年度は、悪天候のため中止)

清掃活動を行う社員

■豊橋駅前・汐川干潟クリーンアップ大作戦

サーラグループは、530運動環境協議会主催の「豊橋駅前クリーンアップ大作戦」「汐川干潟クリーンアップ大作戦」「省エネ街頭啓発活動」に参加しています。

豊橋駅前クリーンアップ大作戦

環境関連イベントへの出展、協賛等

■あつまれ!得するサマーフェア2007(田原市)

田原市主催の「あつまれ!得するサマーフェア2008」が田原文化会館一帯で2008年7月27日に開催されました。このイベントは、「環境・エネルギー」をテーマにしたアトラクションや映画上映会、企業のエコ商品の展示などを通して、環境意識の啓蒙を図るものです。
サーラグループは、エコウィル・エコジョーズなどの省エネガス機器、サーラ住宅の外断熱・二重通気工法の模型やパネルを展示するとともにサーラグループの紹介をしました。

展示ブース

■530のまち環境フェスタ

2008年9月20日に530運動環境協議会主催の「530のまち環境フェスタ」が豊橋市役所周辺で開催されました。このイベントは、地球の環境に配慮し、今までの生活スタイルを見直すきっかけづくりとして地球温暖化対策、ごみ減量、省資源、省エネルギー、資源リサイクルについて理解を深めることを目的としています。
サーラグループは、家庭用コージェネレーションシステム(エコウィル)、省エネ住宅(外断熱・二重通気工法)、光触媒技術(エココート)などの環境にやさしい商材の紹介や機密文書を細断してリサイクルする「エコポリスバン」の実車展示を行いました。

530のまち環境フェスタ

■環境&キッズフェスティバル(名豊ビル)

2008年8月2日〜10日、名豊ビル主催の「環境&キッズフェスティバル」が名豊ビル5Fイベントホールで開催されました。このイベントは東三河の海、山、川の環境保護に取り組んでいる団体等の活動報告を通して、子供たちに地元の自然環境について再認識してもらい、夏休み自由研究の題材を提供することを目的としています。
サーラグループは、「サーラの森」のパネルや樹木の葉、「廃食用油リサイクル」の精製工程サンプルなどを展示するとともに、中部ガス豊橋支店による「親子エコ・クッキング教室」が行われ、参加された皆さんは環境に優しいエコ・クッキングで「グリル野菜とチキンのオープンサンド」作りに挑戦しました。

親子エコ・クッキング教室

■エコ・クッキング講習会

2008年11月6、7日、豊橋市環境保全課主催のエコ・クッキング講習会が豊橋サーラビルで開催されました。これは、豊橋市の生活排水対策事業の一つで、中部ガス豊橋サーラ料理教室の先生が講習会の講師を務めました。6日には、一般募集した19名の市民の方を対象に、7日には、地域住民への生活排水浄化の指導者として、梅田川流域の5つの中学校PTAから選ばれた豊橋市クリーン推進員の皆さん19名を対象に開催。台所から生活排水を減らす、環境に優しいエコ・クッキングを実践しました。

エコ・クッキング講習会

■東三河流域フォーラム

サーラグループ副代表神野吾郎が会長を務める「東三河流域フォーラム」は、愛知万博地域連携プロジェクト事業の「穂の国森林祭2005」を発展、改組した組織です。産学官民の連携と情報ネットワークの構築を通じて広域連携や新しいライフスタイルなどに関する研究・提言を行う当フォーラムにサーラグループも賛同し、イベントなどに参加しております。

設立総会の様子

■豊橋エコテクノレース

与えられた時間の中で決められたエネルギー量を使い、走行距離を競い合うエネルギーマネジメント技術の競技である「第10回豊橋エコテクノレース」が2008年5月31日、6月1日の2日間、豊橋市の万場調整池特設コースで開催されました。
サーラグループは、同レースに協賛しています。

大会風景

SALA:page top