ダイバーシティの推進

社員一人ひとりが長期にわたり能力を発揮し続けられるように、多様な価値観やライフスタイルに適応した働き方の推進、
職場環境の整備を行っています。

※ダイバーシティ「多様性」の意。

従来の企業内や社会におけるスタンダードにとらわれず、多様な属性(性別、年齢、国籍など)や価値・発想をとり入れることで、ビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、企業の成長と個人のしあわせにつなげようとする戦略。

ダイバーシティ推進のための取り組み

グループ報「SALA MONTHLY」に活動状況を掲載
グループ報「SALA MONTHLY」に活動状況を掲載

サーラグループでは、女性の活躍推進と育児支援を中心に、グループ全社をあげた積極的な取り組みを行っています。これまで、グループの全管理職約300名を対象としたダイバーシティ研修の実施や、社内報による社員への呼びかけなどを通じ、社員一人ひとりの個性を生かした職場づくりに取り組んできました。現在、グループ内の多くの女性が、営業、技術、管理・企画など、様々なフィールドで活躍しています。

◇出産・育児支援

産前産後休業、育児休業など法律で定められている制度に加え、サーラグループでは「小学校3年生までの育児短時間勤務制度」、「男性社員の育児休業取得推進」など水準を上回る制度を整備

ワークライフバランスの推進

愛知県ファミリーフレンドリー企業登録マーク
愛知県ファミリーフレンドリー企業登録マーク

愛知県ファミリーフレンドリー企業登録

出産・育児支援はもちろん、介護支援、健康支援などの数多くのサポートメニューと安心して働ける職場環境を通じて、社員が長期にわたり仕事と生活の両方を充実できるようなバックアップをしています。

ファミリーフレンドリー企業とは・・・

男女ともに仕事と家庭を両立させることができるような制度を持ち、多様かつ柔軟な働き方を労働者が選択できるような取組みを行う企業のこと。

くるみんマーク(次世代育成支援認定マーク)
くるみんマーク(次世代育成支援認定マーク)

「くるみん」(次世代育成支援マーク)取得

男性・女性ともに「子育てをしながらも働きやすい職場」を目指し、支援の拡充を図っています。2012年には、次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得しました。

くるみんマーク(次世代育成支援認定マーク)
取得企業とは・・・

子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備している企業のこと。育児休業などを取得した男性社員がいること、かつ、女性社員の育児休業取得率が70%以上といった企業が認定される。