先輩社員の声/サーラカーズジャパン株式会社

2013年入社 上山 竜(かみやま りょう) フォルクスワーゲン浜松 私のファインクオリティ 「車を通して、お客様の生活をより豊かに。」

新車の販売だけじゃない、営業担当の仕事。

私はフォルクスワーゲン浜松の営業担当として、主にショウルームにご来店されるお客様に新車の販売を行っています。また、既存のお客様へは、定期的なお宅訪問やお電話を通じて、乗られているフォルクスワーゲン車の点検・整備のご案内をしたり、お車の調子を伺ったりしています。そうした関わりを持つ中で、時期を見て新車へのお乗り換えの提案も行うことも大事な役割。他に、朝はショウルームの清掃から始まり、お客さまに気持ちよくご来店いただける空間を整えた後、店舗スタッフとともにミーティングを行います。日中はお客さま宅訪問やショウルームでの商談による営業活動、夕方以降は見積もりなどの資料作成をします。新車を購入いただいたお客さまの納車がある日はその準備をし、ショウルーム内の専用の部屋で納車に立ち会わせていただきます。新車の提案に限らず、様々な形でお客さまと接点を持つことができる仕事です。

仕事の醍醐味。

この仕事の醍醐味は、1つ目は様々なお客さまとじっくり会話ができることです。毎日、あらゆる世代、職種の方々と出会えることは貴重ですし、お客さまの趣味など、車に関すること以外の話もたくさん聞かせていただけます。お客さまとの会話を通じ、私の普段の生活のなかでは知り得なかった世界を知る事ができる点が面白いですね。お客様とのやり取りの中で、自分自身が日々成長している実感があります。2つ目は、実績が目に見える形で評価されることです。営業という仕事である以上、目標とする数字との闘いは厳しいものですが、やればやった分だけ自分の成績として評価されるので、やりがいはとても大きいです。

お客さまと向き合う大切さを忘れない。

入社2ヶ月目のとき、車についてあまり詳しくないお客様が新車購入のためご来店されました。他社の車と大変悩まれていたのですが、私も当時は他社の車についての知識が多くなかったため、すぐに的確なアドバイスを差し上げる事ができませんでした。新入社員で知識不足であることを正直に話した上で、お客様が迷われている車との違いを徹底的に調べ、今度改めて提案させていただきたいとお伝えしたところ、お客様は経験の浅い私を信用してくださり、またご来店くださいました。そして、初めてのご来店から長い時間がかかりましたが、結果的にお客様にはフォルクスワーゲンの良さを納得していただき、ご契約をいただくことができました。納品の日、「ここに来て、あなたからお話を聞けて本当に良かった。」と言っていただいた事が、今でも強く印象に残っています。プロとして、当然知識はより豊富に蓄えていかなければなりませんが、これからもこの経験を忘れず、1人のお客様としっかり向き合い、その方にとってベストな提案をじっくり模索する気持ちを忘れずにいたいですね。

「愛される営業担当」を目指して。

売上台数を意識してしまいがちですが、重要なのは「お客様により満足していただくにはどうすべきか」です。考え方や感じ方は人それぞれ違うので、お客様によって提案の内容や進め方を変えて、お客様に気持ち良くご購入いただけるための工夫を怠りません。「フォルクスワーゲンを買って満足する」だけではなく、「+αの付加価値」をお客様に提供することが私の目指すべきところです。また、毎日の新たなお客様との出会い、ご対応させていただいたお客様との繋がりはとても大切なものです。「上山から買ってよかった」「次も上山から買ったフォルクスワーゲンに乗りたい」と、すべてのお客様から思っていただけるような営業担当になりたいと思っています。