先輩社員の声/神野建設株式会社

2018年入社 伊藤将太(いとうしょうた) 私のファインクオリティ 「安全第一で現場を管理する 」

私は現在東三河バイオマス発電所で施工管理の仕事をしています。施工管理とは、工事の工程や品質、コストなど様々な点で管理する仕事です。しかし、何よりも安全第一であることが大切だと私は考えています。多分大丈夫だろう、というちょっとした油断から重大な事故に繋がります。何よりも安全を優先していくことが、より良い建物を作る第一歩だと考えています。

大きな責任とやりがい

私は現在入社1年目です。入社直後から今の現場に携わっており、毎日新たな経験の連続です。当然不明な点や、自分では対処できないことが沢山あります。 しかし、先輩社員や関係会社の方に質問し、一つ一つクリアしていくことは自己の成長に繋がると考えています。 様々な業種の方と協力し、建物ができあがったときに大きなやりがいを感じました。

大切にしていること

大切にしていることは二つあります。一つ目は事前の準備です。事前の準備を怠ると、作業がスムーズに進まず、関係会社に迷惑をかけることになってしまいます。 作業当日のあらゆる状況を想定し、備えることで、円滑な作業につながると考えています。 二つ目はあいさつです。現場では初めてお会いする方や、顔馴染みの方など様々です。 あいさつを通してしっかりとコミュニケーションを取ることで、信頼関係を築き、より良い現場の環境づくりに繋がると私は考えています。

今後の目標

周囲からの信頼が厚い現場監督になりたいです。 そのためには、日々知識を蓄え、様々な経験積んでいくことが大切だと考えています。