先輩社員の声/株式会社中部

2010年入社 鈴木芳貴(すずき よしたか) 土木事業部 静岡土木部 浜松工事課 私のファインクオリティ 「頼りがいのある現場監督を目指す!! 」

自ら考え、工夫するから成長する!!

私は現在、浜松地区において、ガス管、上下水道管の埋設工事及び舗装工事の現場監督を務めています。主に現場の測量や、材料等の手配、工程管理、安全管理を行っております。もちろん工事は事前に測量、材料の手配等段取りをしますが、悪天候などで工程通りにいかないことも少なくありません。仕事でのやりがいは、どのような状況でも無理な判断はせず安全を第一に優先し、より効率的に仕事を進めることのできる手法を考え工夫をし、完工した時の達成感を味わえることです。

あの快感が忘れられないから今の自分がいる。

初の現場で最初から最後まで工事に携われた時の達成感は、口では表せないものですね。現場では職人さんに自分の顔を覚えていただく事から始まり、測量や段取りの決定などすべての事が新しく、無我夢中で取り組みました。上司や職人さんに多くの事を教えていただきながら、工事を完了したあの快感は今でも忘れません!!

安全第一主義

建設現場はスケールの違いはあるものの、どこの現場でも安全が最も重要です。いくら工事が段取りよく進捗していっても、事故が起きてしまってはなんの意味もありません。危険な作業ほど入念な打ち合わせをし、安全な方法、工法を決め作業員の方に作業してもらうことが、この仕事を通して最も重要だと学びました。

私の一歩が大きな足跡へ!!

建設の仕事は、歴史的に足跡を残す偉大な仕事です。材料や工法が発達しても、携わる人が未熟であれば、良い建設物は出来上がらない。また、魂を入れない建設物は人々に感動を与えることもない。私の今後の目標は、誇りある足跡を残す為より多くの知識を身につけ、先輩方のような工期、コスト、品質、安全を守り、現場へ魂を注ぎ込む現場監督になることです。